あおむしの話


あおむしの話

あおむしって知ってるだろ?信じられないだろうが、あいつらだって
自分の一生をちゃんと理解してるんだよ。あるときふと自分ってものに気づくのさ。
自分は目の前の葉っぱを食べ続けることが自分にできる全てのことで、体は大きくなり
そして時が来ると動けなくなり、茶色く枯れ果てて一生が終わる。そう信じてるのさ。
だけどお前も知ってるようにそれはサナギであって、やがて奴らは美しい蝶になって
自由に空を飛び回り、甘い蜜を味わう生活が待ってる。でもあおむしの頃には
そんなことは夢にも思わない。だってあいつら目がほとんど見えなからね。
蝶になって初めて自分がどういう存在なのかを知るのさ。実は人間も同じなんだよ。
人間も何も見えてないし何も分かってない。分かったような気になってるだけさ。
だけど本当のことは必ず分かる日が来るんだよ。
誰もが全てを知る日がくるのさ。

Copyright(C)2015 ふかみひでおみ All rights reserved.  designed by flower&clover